僕は誰かみたいにはなれない(AiryLove シン)

コラムではお初にお目にかかります!

女性用風俗AiryLove

セラピストのシンです。

目次

初めて緊縛ショーを見にいきました

先日初めて、本格的な緊縛ショーを見させてもらいました。同じAiryLoveのセラピストAさんと、その先生が出ていたショーです。ショーの感想は言わずもがなというか…カッコよかった…!2時間があっという間。

今回はそのショー自体の感想ではなく、ショーを見て僕がふと思ったことを。つらつら備忘録としてここに残したいと思います。お時間ある時にでも、よければ是非ご覧ください。

「僕はこの人にはなれないな」

僕はAさんとの付き合いが長いけれど、真面目な顔したAさんをあまり見たことがありませんでした。いやAさん自身は真面目なのですが、会う時はお互いおちゃらけてるので笑

なのでショーに臨む姿はすごく新鮮で。真剣な顔つきとか、縄捌きとか。自然と引き込まれちゃいましたよね。ギャップってずるい。

そんなAさんの緊縛ショーをじーっと見ていて
あ〜、僕はこの人にはなれないな
と思いました。

これはネガティブな気持ちではないので。
後ほど説明しますね。


(素人目にはなりますが)この期間であれだけの縄捌きができるのって、ものすごいことだと思うし。多分それってAさんの猪突猛進な性格というか、やると決めたらとことんまで突き詰める性格というか。才能ももしかしたらあるのかもしれません。

僕はどちらかというと色んなことに興味を持ったり、熱しやすく冷めやすかったりするので。そういう意味で「僕はこの人にはなれないな」と感じて。Aさんは本当に”唯一無二”の存在なんだな〜と

どんな人にも当てはまる

でもそれって、逆のことも言えて

要はAさんも、僕にはなれないと思うんですよ。

僕を真似することはできるかもしれないけど、完全に僕にはなれない。あ、これどっちが良い悪いとか、実際になりたいかどうかっていう話は置いといてね。


そしてこれはどのセラピストにも言えそうで
例えば他のAiryLoveセラピストBさんも、Aさんみたいに振る舞うことはできるかもしれないけど、そのものにはなれないし。逆にAさんだってBさんになることはできない。

Bさんは僕にもなれないけど、
僕もBさんになることは出来ないと思います。

みんな”唯一無二”

まあ何が言いたいかというと。
みんな唯一無二なんですよ。ここはこうした方がいいよねとか、これはできて当たり前でしょみたいなことはもちろん共有します。お客様の要望に応えるのも言わずもがな。

その当たり前のレベルは高く保った中で、それぞれの雰囲気だったり接し方だったり、キャラだったり。楽しませ方だったり、打ち解け方だったり。満たし方だったり。それらはAiryLoveセラピスト各々、唯一無二なのかなと僕は思っています。

誰も他の誰かになることはできないし、なる必要はない。少なくとも僕自身はそう考えてます。わがままと言えるかもしれないですけどね。もちろん、いいところは積極的に真似して共有していきますが!

─────────────

AiryLoveのセラピストはみんな、良くも悪くも個性が溢れている唯一無二の存在だと僕は感じます。そういう意味では「あなたに合ったセラピストが必ず見つかる”かもしれない”」 AiryLoveはそんなお店だったりするのかもしれませんね。

誇大表現はダメなので!
絶対に痩せる!とか!!!笑
なので今回は”かもしれない”という言葉をつけさせていただきました。

以上です!
僕は等身大で精一杯の僕として、引き続き取り組んでいきます。わがままかもしれませんが、そんな僕と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

AiryLove共々、これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!

長くなりましたが、最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございましたm(__)m

じゃまた。

AiryLove シン

Twitter】【LINE追加
写メ日記】【instagram

目次
閉じる